最強!おすすめのクレジットカード

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

生徒さんからよくいただく質問なので、いつかお知らせしようと考えていました♡お待たせしました。皆様はどのクレジットカードをご利用されていますか?

私は2015年からずっと使っているクレジットカードがあります。このカードを利用することで、ほぼすべての飛行機はマイルを利用した特典航空券を使用し、有料での利用はほとんどありません。また、カードの更新時にはマリオット系列のホテルで1泊宿泊し、部屋のアップグレードも受けることができます。

それがアメリカン・エキスプレスのマリオットホテル系列のクレジットカード、「Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」です。

このカードは本当におすすめです。初年度の年会費は49500円ですが、その理由はしっかりとしたものがあります。

多くの方が紹介していると思いますが、ここでは私自身の経験からご紹介いたします。

このカードは、飛行機をよく利用される方や、年に一度以上ホテルに宿泊される方に特におすすめです。カードには2つの種類がありますが、​「プレミアム」​がついた方をおすすめします。

主なメリット

  1. 100円ごとに1.25マイルのポイントが付与される
  2. ポイントをJAL、ANAなどのお好きな特典航空券に交換できる
  3. 紹介による入会時には45000ポイントがプレゼントされる
  4. カードの更新時には一泊無料の特典が受け取れる
  5. カードの所持者はマリオットゴールド会員になれ
  6. 国内の空港ラウンジに最大2人まで無料で入場できる
  7. 旅行に関連する保険も付帯される
  8. 帰国の際のスーツケース宅配無料
  9. 家族カードは1枚目無料で発行
  10. 特筆すべきはJALマイルを購入できる

 

詳細な内容は以下で紹介いたします。

もしもご希望がありましたら、以下のリンクから詳細をご覧いただけます。こちらからの紹介による入会で45000ポイント(3か月で30万円使用の場合)が付与されます。

なお、どなたが紹介されたかなどのメールやお名前などの個人情報はこちらには一切入りません。

何かご質問がありましたら、お気軽に教室でお聞かせください。

 

マリオットアメックスカード紹介リンクMarriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード

主なデメリット

年会費が49,500円(税込み)はなかなかの金額で、ちょっと踏み込むのには勇気がいる

繁忙期において、良いホテルでの無料宿泊はなかなか難しい

ヨーロッパではカードをご利用いただけない場所もある

 

くわしくは以下で詳しくご紹介いたします。

メリット①100円につき1.25マイルもらえる

一般的なクレジットカードは通常100円の利用ごとに1マイルが付与されますが、マリオットアメックスでは、1.25マイル換算されます。

具体的には、100円の利用ごとに3ポイントがもらえます。そして、これらのポイントは60000ポイントごとに25000マイルに交換でき、この方法が最もお得なマイル交換となります。交換した25000マイルは航空会社のアカウントに入ります。

JAL

例えば東京からニューヨークまでの片道の特典航空券エコノミーは25000マイルから利用可能です

また福岡―羽田の片道の特典航空券エコノミー8000マイルで利用できます。

18歳以上の学生で頻繁に飛行機を利用する場合JALのNAVIカード作成が大変お得です。このカード使用で通常の特典マイルの半分で利用でき、福岡―羽田間はJALは片道ならば4000マイルになります。

25000マイルに交換すると無料で福岡ー羽田間を3往復が可能です。またJAL・NAVIカードは年会費無料で、入会時に2000マイルがもらえ、初回搭乗で1000マイルが付与されます。

 

ANA

シーズンによって福岡―羽田間の特典航空券は片道で6000.7500.9000マイルで設定されています。

また、ANA今週のとくたびマイルは具体的な情報はぎりぎりしか分かりませんが、3週に1回は福岡―羽田間を4500マイルで提供されているようです。私もこのサービスをよく利用しています。

詳細についてはこちらのページにマイル交換に関する情報が掲載されていますので、ぜひご参照ください。

メリット②ポイントをJAL、ANAなどのお好きな特典航空券に交換できる

通常、他のカードではJALなど一つの航空会社のマイルしかたまりませんが、このカードの素晴らしいメリットは、マリオットのポイントをJAL、ANA、UNITEDなど、お好きな航空会社のマイルに交換できる点です。

私は最近はJALとANAに交換しています。

 

マイルへの交換手続きは非常に簡単です。例としてJALの場合、

  1. アメックスのウェブサイトの交換ページにて60000ポイントを入力
  2. JALの自分のお得意様番号を入力
  3. 申し込みボタンをクリック

これにより、JALのアカウントには3~5日ほどで25000マイルが追加されます。航空券の予約はJALのホームページの特典航空券から行い、家族も同様に利用できます。詳細についてはこちらをご覧ください。

メリット③紹介での入会時に45000ポイントもらえる

具体的には、入会してから3か月以内にカードを30万円以上利用される場合、紹介を経由して入会すると45000ポイントが獲得できます。この目標を達成していただくことをおすすめします。

公式からの入会では獲得できるポイントは39000ポイントです。誤っても公式からの入会は避けてください。

 

初年度の年会費49500円〔税込み〕はポイントで還元されると考えると良いでしょう。45000ポイントで利用可能なホテルもあります。

この45000ポイントはすぐに航空会社の15000マイルに交換できますが、60000ポイントにして25000マイルを獲得しましょう。

 

なお、紹介によるカード発行に際して、こちらには申込者がどなたであるか、審査結果などの個人情報は一切こちらには伝えられません。安心してお申し込みいただけます。

もし30万円以上の利用目標に届かない場合、おすすめの選択肢はアマゾンギフトです。AMAZONギフトカードは10年間有効なので、大変便利です。

クレジットカード払いで忘れずにアメックスにしてくださいね。

メリット④カード更新時に一泊無料がプレゼントされる

クレジットカードの年間利用額が150万円を超える場合、次年度のカード更新に際して、一泊50000ポイントまでのホテルで無料宿泊の特典が適用されます。逆に、年間150万円未満しか利用しない場合は、カードを作成するのがもったいないかもしれません。

さらに、15000ポイントを追加することで、宿泊可能なホテルの上限が65000ポイントまで広がります。

実際に私は、オープンしたてのザ・リッツカールトン日光や、メズム東京、マリオット東京、ACホテル銀座、あべのハルカスの大阪マリオットなどホテルに無料宿泊してきました。同じ日程でこれらのホテルは7~10万円程度かかると思います。クレジットカードを作成すれば、マリオットゴールド会員になるので、ほぼ確実に1ランクはアップグレードしてもらえます。

 

ザ・リッツカールトン福岡も平日に時折62000や63000ポイントで予約可能ですので、早めに取っておくのもおすすめです。

新しいホテルはポイントが比較的低い傾向にあります。ちなみに、63000ポイントの日の金額は102,155円で表示されていました。

ホテルの予約においては、キャンセル料が1日前や3日前にかかる場合が多いです。後からより良いポイント宿泊が表示されていたら、柔軟に変更することをおすすめします。

 

ザ・リッツカールトン福岡ポイント宿泊例

 

メリット⑤カード所持でマリオットゴールド会員になれる

クレジットカードを作成することで、Marriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格を自動的に獲得できます。ゴールドエリート会員資格は入会時に取得され、そして毎年カードを更新する際にも自動的に更新されます。

また、これはあまり心配せずとも良いのですが、1年間の利用金額が400万円に達すると、Marriott Bonvoyプラチナエリート会員資格を取得できます。

プラチナ会員には、ホテルの朝食が無料になったり、利用可能な場合はスイートルームへのアップグレードが含まれます。ホテルにラウンジがある場合は、その利用も可能で、カクテルアワーやアフタヌーンティも楽しむことができるクラブラウンジアクセスが可能です。

 

ただし、残念ながらリッツカールトンでは朝食は無料になりませんが、アップグレードは受けることができます。

以前、ザ・リッツカールトン東京でポイントを使用して宿泊した際、追加料金を払ってより良い部屋に泊まりたい旨相談したところ、クラブフロアの部屋にわずかな追加料金で宿泊できることになりました。最上階のラウンジも利用でき、部屋はコーナータイプで、2面ガラス窓から東京タワーとスカイツリーの両方が見えるお部屋に宿泊でき、貴重な体験ができました。

メリット⑥空港の国内のラウンジに2人まで入れる

国内の空港のラウンジには、自分以外にも1名同伴できる特典があります。通常、本人だけが入れるカードが多い中、2名同時に入場できるのはやはり便利ですね。

特に福岡空港では、2021年に新しいラウンジがオープンしました。このラウンジは保安検査場を通過した後、「ラウンジTIME/サウス」と呼ばれています。場所は北保安検査場の右側よりも、若干左に位置する南の保安検査場の方が近いです。

こちらのラウンジでは、空港の離発着を見ることができ、非常に静かで落ち着いた雰囲気です。

 

また、羽田空港第1ターミナルのラウンジもJAL福岡行きの8番搭乗口に近いため、早く到着した際にはカプチーノを楽しむのに利用しています。このラウンジも離着陸が見え、好きな空間となっています。

なお、JALのファーストクラスやANAのプレミアムクラスに搭乗される方や、特定のステータスを保有される方は、航空会社専用のラウンジを利用できる特典がありますね。

メリット⑦旅行の保険付帯

<海外旅行の場合>

保険が充実しています。旅行代金をカード決済した場合、下記の補償が適用されます。()内の金額は家族に対する補償額です。

傷害死亡・後遺障害保険金 最高1億円(1000万円)

傷害治療費用保険金 最高300万円(200万円)

疾病治療費用保険金 最高300万円(200万円)

賠償責任保険金 最高4,000万円(同じ)

携行品損害保険金 最高50万円(同じ)
()のように額は減りますが旅行代金をカード決済した場合、家族特約が保証されています。
<国内旅行の場合>

国内はカードを旅行代金に利用の場合、国内旅行傷害保険が付帯されます。()内の金額は家族に対する補償額です。

傷害死亡・傷害後遺障害保険金  5,000万円(1,000万円)

 

旅行の度に気軽に保険に入っている方は、ぜひ金額をもう一度確認してみてくださいね。詳しくはこちらをご覧ください

メリット⑧帰国の際のスーツケース宅配無料

海外からの帰国時に、羽田国際線第3ターミナル・成田・関西国際・中部国際空港からのスーツケースを1個自宅に送ってくれます。

取扱いサイズは縦、横、高さの合計が160㎝以内

重さは30㎏以内です。東京からの場合平均2日かかるので、その分を考えて旅先でパッキングしてくださいね。国内の帰りがとても楽です。

メリット⑨家族カードは1枚目無料

家族カードは1枚無料で提供されており、このカードを利用することで、家族も空港ラウンジに入場でき、また保険のためにも取得しておくと良いでしょう。年間の利用額が150万円に達成するために作成することもおすすめです。

なお家族カードの支払いに関しては、明細書や引き落としも2人分まとめて行われるため、購入履歴や利用内容が本会員にまとめられることに留意してください。

メリット⑩最も特筆すべきところはJALマイルを購入できること

これは広くは知られていない情報です。通常JALからは直接マイルを購入することはできませんが、マリオットのポイントを購入することで事実上JALマイルに交換できます。

ポイントの購入は通常割高なため、おすすめはしませんが、年に数回キャンペーンが開催され、40%またはたまに50%のボーナスがつくことがあります。通貨がドルベースなので円高の時期がお得です。特に国際線の旅行時に購入するのがおすすめです。

マリオットのポイントの購入はこちらから。

 

円安の場合でも、国際線の特典航空券を購入するためにポイントを購入し、マイルを増やすのは有益なアイディアです。

国際線の航空券は一般的に高額ですが、特典航空券の場合、プレミアムエコノミーで東京―ニューヨークの片道が32500マイルから利用可能です。エコノミーの東京―ハワイ間は片道20000マイルから利用できます。

燃料サーチャージが別途発生します。また、払い戻しは3100円で可能であり、早めに取っておいて予定が変更された場合は再度予約し直すことも考慮できます。

 

JAL以外にもANAや好みの航空会社のマイルにも交換できます。これにより、海外のツアーで中央の座席をできる限り避けたい時など、直接予約して座席指定が可能で本当に助かります。

 

さらに搭乗当日、ビジネスクラスの座席が利用可能であれば、JALの場合、東京―ニューヨークの片道30000マイル、ハワイは片道25000マイルでアップグレードできます。ビジネスやファーストが空いている便を見つけて乗るという裏技もあります。これは私自身が利用したことはありません。当日アップグレードについてはこちらのJALのウェブサイトに掲載されています。

 

カードを作成される場合、下記から入会すると公式よりも多くのポイントがもらえます。

マリオットアメックスカード紹介
Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード

デメリット①年会費49,500円税込み​はなかなか勇気がいる!

以下は、8年間の利用で感じたデメリットについての記述です。

初年度の年会費に対してためらいを感じる方も多かったことでしょう。私も最初は同様の感覚でした。ただし、国内外のホテルに宿泊する予定がない方にとっては、このカードはあまりお得ではありません。他のカードを検討することをお勧めします。

ただし、日常の支払いを300円以上をカード払いで行うことで、年に一度でも国内外に旅行できるというのは非常に楽しい経験です。普段の24時間が旅行に変わることで、スローモーションのように思い出深い時間に変わります。

これらの思い出は、残りの人生の中で大切な思い出となり、貴重な経験になるでしょう。若いうちに早めに旅行することをお勧めします。

 

私が北欧に行った際に、添乗員の方から「100円以上の支払いはカードを利用すると、お店側がおつりを用意していないので助かるんですよ」と聞き、非常に驚きました。

特に観光地などではそのような傾向が強いようですが、現代では世界的にカードが一般的に利用されています。そして、もしも不正な取引が発生した場合でも、カード会社が保証してくれるため、現金よりも安心感があります。

デメリット②繁忙期のいいホテルの無料宿泊は難しい

1年以上カードを所有している場合にのみ適用される、カード更新時の無料特典宿泊についてのデメリットについてご案内いたします。

土日やお盆、紅葉の時期など、ピーク時のホテルでの無料宿泊は難しいかもしれません。65000ポイントでも難しいかもしれません。その際には、カテゴリーのランクを下げるか、平日を狙うと宿泊がしやすくなります。

 

ザ・リッツカールトン大阪は比較的ポイント数が少なく、予約できる可能性が高いです。また、新しくオープンしたホテルは最初の段階ではカテゴリーが低く設定されていることがありますので、とりあえず予約を抑えておくこともおすすめです。

 

寒い時期や宿泊前日などには、「ポイントセーバー」と呼ばれる非常に低いポイントで宿泊できる機会があります。

例えば、2月の寒い日でも急に気温が上がり、天気が良くなるなどの状況があれば、宿泊が可能であれば検索してみると、お得な宿泊が見つかるかもしれません。

現在、福岡県では「ザ・リッツカールトン福岡」と道の駅の「フェアフィールド・バイ・マリオット・福岡うきは」が2023年9月にオープンしています。

 

マリオット系列のホテルは全世界で利用できるため、ハワイなどの海外の場所も検討してみてください。ゴールド会員の場合、空室がある場合にはアップグレードの対象となります。

デメリット③ヨーロッパでは使えないところも

アメリカン・エキスプレス(アメックス)はアメリカのカード会社で、ヨーロッパでは利用できない場所も結構あります。しかし、日本ではJCBと提携したことで、大きく使いやすくなりました。

海外では、必ずVISAかMASTERも一緒に持ち歩いてくださいね。

 

私自身、アメックスカードがハワイのチャイナタウンで利用できずに大変困りましたが、なんとか親切な店のオーナーと交渉して、問題なく対応してもらえました。

マリオットボンヴォイに登録が必要です(無料)

クレジットカードをお持ちの方は、今ではどこでもそうですが、マリオットに登録する必要がありますが、手続きは非常に簡単です。

住所、お名前、電話番号、メールアドレスを入力し、ご自身で好きなパスワードを設定するだけで、登録が完了します。

 

このカードは、多くの方が既にブログやYouTubeでご紹介されていますが、まだご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんので、今回は記事にさせていただきました。

有名な金融系YouTuberである両学長が最も推薦しているとのことで、その信頼性は高いです。両学長は2020年に出版された本が130万部を突破し、その本はこちらから入手できます。

 

興味深いことに、アメリカン・エキスプレス(アメックス)の社員さんたちもこのカードを最も保有しているとのことです。

もしカードの作成をお考えでしたら、こちらのリンクからお申し込みください。

マリオットアメックスカード紹介リンク

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード

お花に関係ないことが多かったかもしれませんが、参考になれば嬉しいです。人生を豊かに過ごしましょう。ゆっくりじっくり考えてみてくださいね。

 

おすすめの記事一覧